モロッコ代表 代表 ユニフォーム ホーム&アウェイ

モロッコ代表のオフィシャル・サプライヤーであるアディダスは、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むモロッコ代表 ユニフォームを発表した。

モロッコ代表 ユニフォーム 2018 ホームは伝統のレッドを基調としたデザイン。ホームキットの色合わせは、モロッコの国旗カラーと同じです。ホーム パンツの色は緑基調としたデザイン。同時、ソックスもレッドを採用しました。

新発表されたホームユニフォーム半袖は白いリブ付きのvネックを採用して、アディダスのスリーストライプスがバランスよく肩部分に配置されています。

モロッコ代表 ユニフォーム 2018 アウェイはホワイトをペースにデザイン、目に引くのは、ユニフォームの胸上方にはレッドの横縞模様を飾しています。ホームモデルと違い、レッドのスリーストライプスが脇部分に配置されています。

アウェイキットのパンツとソックスがホワイト基調で、全体、ホワイトの印象が深い。

チュニジア代表 代表 ユニフォーム ホーム&アウェイ

いよいよ、4年に一番大切なワールドカップ本大会がやってくる。チュニジア代表のサプライヤーであるUhlsportは2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むチュニジア代表のホーム&アウェイユニフォームを発表した。「カルタゴの鷲」という愛称で知られているチュニジア代表が新ユニフォームを着用する。

W杯今大会で「Uhlsport」のサッカー ユニフォームを着用する代表チームとして、ドイツのスポーツブランドが提供されているチュニジア代表 ユニフォーム ホームは白基調でクールネック。サイドにグラフィックが特徴的な仕上がりとなった。ユニフォームの襟、袖口、裾には赤い縞模様が飾られている。

チュニジア代表 ユニフォーム アウェイのカラーのインスピレーションは、チュニジアの国旗の赤と白の色からもたらされたものだ。サイドにグラフィックが特徴的な仕上がりとなった。チュニジア代表の強力なスピード感を実証した。

右図はチュニジアサッカー連盟(FTF)の公式エンブレム。

チュニジアの公用語はアラビア語。

サッカーチュニジア代表のFIFAランキングは14位。(2018年5月まで)

レスターで日本代表FW岡崎慎司と同僚のヨアン・ベナルアンや、ヘントで日本人FW久保裕也と共にプレーするディラン・ブロンが最終メンバーに選ばれている。

チュニジア代表 ユニフォーム、サッカー ユニフォーム 通販店などをお探しなら、こちらへ。

ナイジェリア代表 代表 ユニフォーム ホーム&アウェイ

今日は、デザインランキング1位を獲得した「ナイジェリア代表 ユニフォーム」を改めてご紹介いたします。ナイジェリア代表 ユニフォームのデザイン詳細、写真、ショッピングなどにご興味があるファン達は是非ご覧下さい。

まずは、ナイジェリア代表 ユニフォーム ホーム 半袖。実物写真は参考まで。

今回のホームユニフォームは、鮮やかな緑を基調にデザインされました。ボディと袖の部分が白と黒の羽を入り、人々に躍動感を感じさせます。

首周りはVネックともクルーネックとも違う形状がユニーク。ユニフォームは最新技術により、エンブレムは従来よりも64%軽量化に成功。シャツは空気流量の増加により通気性が向上しています。

インスピレーションは、1994年のワールドカップで初めてナイジェリアが着用したサッカーユニフォームからです。

首後ろには国旗イラストを中央に配置されています。

次は、アウェイ ユニフォーム。

今回のアウェイ ユニフォームは現代的なデザインを意識したシンプルなダークグリーンを基調。ホームモデルと比べると、アウェイのほうがシンプルだと思います。全体的に、2つのモデルは2つの効果を形成しました。

アウェイユニフォームの左胸に織りワッペン縫い付けているエンブレムの色基調も単一のダークグリーンを採用しました。総体、シンプルな感じ。

 

2018 ナイジェリア代表 ユニフォームはナイキ最新の「Vaporknit」というテクノロジーを搭載しています。

まとめ:

ナイジェリア 代表 ユニフォームのホーム/アウェイのデザイン詳細は上記通り。